職種紹介

リサーチ事業

SALES

リサーチ事業
営業(Research)

クライアントのビジネスを創造するコーディネーター
営業はあらゆる業界業種の企業をお客さまとして、マーケティング課題を正確にヒアリングし、解決方法を探していきます。最も大切にしていることは、お客さまの課題に合わせてフルカスタマイズで最適な方法を提供することです。課題認識や求められているニーズに齟齬のないよう、お客さまと密なコミュニケーションを図り、信頼関係を築くことで「クロスが出来ること」「クロスでしか出来ないこと」を明確にします。時にはマーケティングリサーチのみにこだわらず、社内のあらゆる事業リソースを駆使して、「最も最適なソリューション」を提供します。その為にリサーチャー、ディレクター等の専門職のメンバーを巻き込み、プロジェクトをコーディネートします。営業はマーケティングリサーチの専門的な理解・知識だけではなく、お客さまの課題の背景にある市場状況、経営戦略、事業戦略、販売戦略などを理解した上での提案力が求められます。

RESEARCHER

リサーチ事業
リサーチャー

マーケティングリサーチに関する
高度な知識を有するプロフェッショナル

リサーチャーは、お客さまの課題に沿った調査手法のご提案から調査内容の企画・設計、調査の実施、調査データの集計・分析、レポートの作成まで幅広い役割を果たします。調査内容の決定後は「調査票」と呼ばれるアンケートの設計図となる資料作成を行います。 会場調査やグループインタビューなどの調査の際は、当日の会場設営や調査の運営を行うとともに、パネルの本音を聞き出すモデレーターの役割を担うこともあります。 調査終了後は回答データの集計・分析を行い、お客様に提出する報告レポートを作成します。調査報告のみならず、時にはその結果を元に次のアクションまでお客様と共に創り上げます。マーケティングへの探究心や好奇心、ロジカルな思考力や分析力も必要ですが、リアルな消費者目線と企業のビジネス目線の両方を持って物事を考え抜く力も求められます。

RESEARCH DIRECTOR

リサーチ事業
リサーチディレクター

データのクオリティを担保し、
多岐にわたる役目を果たすマルチタスカー

リサーチディレクターは、調査実施の決定後、お客さま窓口として案件が円滑に進むように、関連部署の調整を行います。調査の規模によってはクロスのすべての部署と連携が必要となるため、調整力が鍵となる仕事です。社内はもちろん、お客様との調査のスケジュール調整、アンケート画面の作成、更にはお客さまへの画面の仕様確認、アンケートの配信、パネルからの回答率の確認など、仕事の内容は多岐にわたります。それぞれ調査の期間も内容も異なりますが、お約束した納期に正確なデータを確実にお届けするために、あらゆる情報整理や優先順位の見極めを徹底しなくてはなりません。お客様に提供するデータのクオリティを左右する重要な役割をリサーチディレクターが担っています。営業に求められるようなコミュニケーション力、傾聴力はもちろん、幅広い業務に臨機応変に対応するための柔軟性も求められます。

IT事業

SALES

IT事業
営業(IT)

クライアントの本質的な課題を理解し、
ITで解決策を提案するビジネスパートナー

「消費者とのコミュニケーション」はクライアントにとって最も重要な経営課題です。IT事業はスマホアプリなど、スマートフォンやPCを活用したサービスを企画・提案・構築し、クライアントと消費者の新たなコミュニケーションの仕組みを創り出しています。  クライアントに寄り添うビジネスパートナーの役割を担うのが営業。クライアントのビジネスモデルを深く理解した上でサービスを提案し、具現化に向けて社内のチームをコーディネートします。 クライアントは大手企業が中心で業種も金融・小売・人材・サービスなど多岐にわたります。役員・部長クラスの方と直接やり取りをする機会も多く、中長期的な目線から最新技術を活用したサービスを提案できるやりがいのある仕事です。

PROJECT MANAGER

IT事業
プロジェクトマネージャー

スピード&クオリティを担う、
開発チームのディレクター

IT事業がクライアントから請け負うプロジェクトは、システム開発、Web制作など多様です。プロジェクトのマネジメントやクライアントへのサービス拡充提案を行うのがプロジェクトマネージャーの仕事です。 手がけるサービスにはユーザー数が300万人を超えるものもあり、多くの消費者に使ってもらえるサービスを自分の手で世の中にリリースする手応えを感じられる仕事です。 WEBの世界は技術の移り変わりやビジネスの展開が非常に速く、システム開発にもスピード&クオリティが求められます。プロジェクトのゴールを示して開発チームのメンバーを決め、費用やスケジュールを管理しながらメンバーをゴールまで導くのがプロジェクトマネージャーの役割です。 社内外のエンジニア、デザイナーなど専門家とのチームワーク力や、クライアントの要望を的確にシステムの機能に落とし込む論理的思考力、コミュニケーション力、品質・コスト・納期を守ってサービスを作り上げるマネジメント力を身につけることができます。

IT事業
エンジニア

最先端のテクノロジーをキャッチアップし、
技術力でクライアントの期待に応える

エンジニアはWEBアプリケーションやスマートデバイス向けアプリケーション、インフラシステムの開発を行います。 開発・リリース後も運用・保守を行いお客様と長くお取引をさせていただくため、「作って終わり」ではなく、運用・改善・横展開を通じて、ユーザーの反応を肌で感じながら、プロダクトのライフサイクル全てに関わることができます。 また、技術的ノウハウをもとに営業やプロジェクトマネージャーのメンバーとともに新規案件の提案に携わることもあります。 そのため、専門スキルを磨き上げてエンジニアとしてのスペシャリストを目指すことはもちろん、プロジェクトマネージャーや企画提案を行う人材など、様々なキャリアパスを描くことができます。