ライフステージが変わっても、
働ける環境を作れる柔軟性がクロスの魅力。

DISCUSSION 2 パパ・ママ座談会

現在のワークスタイルについて教えてください。

Akiko
Akiko

定時は9時半~6時半ですが、時差出勤制度を利用して8時に出社、夜は5時に退社しています。
夜は保育園のお迎えのため残れないので、繁忙期の残業は朝の早出で対応します。 
営業企画部にいて、営業部の人事教育全般を担当しています。クロス・マーケティングの営業のサポート部隊と
いったところでしょうか。新人が中途採用も含めて毎年、毎月入ってきますので、
入り口から研修等のフォローアップをしています。 

Haruka
Haruka

私も時差出勤で、7時半から4時半で働いています。 
フィールドワーク部に所属しており、グループインタビュー等のリクルーティング業務やその他周りのアレンジメントを担当しています。産前と仕事内容は変わらずですが、夜はすぐ帰ります。変わったのは勤務時間ぐらいですね。

Tomomi
Tomomi

フルタイムの時差出勤で、8時半から5時半の勤務です。夜は定時で帰ります。

Hikari
Hikari

フルタイムの時差出勤で、8時半から5時半です。残業はありません。
Tomomiさん同様、リサーチャーで仕事内容は産前産後で変わっておりません。

Naoki
Naoki

時差出勤制度は利用せず、通常就業時間の9時半から6時半で勤務しております。
遅い時には9時頃の帰宅になります。夜が遅い分、朝は子どもを保育園に送ってから出勤しています。
仕事はリサーチャーで、海外案件を行うグローバル部門でマネージャーをしています。
子どもが産まれる以前と仕事内容は特に変わっていません。

勤務時間を調整されていますが、定時で帰宅できていますか?

Haruka
Haruka

保育園のお迎えがあるので、何としてでも時間内に終わらせないといけないですね。
延長保育を使っていたらキリがないので。

Tomomi
Tomomi

私は夫と保育園のお迎えを分担することもありますので、日によっては残ることもあります。

Haruka
Haruka

曜日や都合によって、多少変動しますね。

働き方を変えるにあたってどのようなアクションをしましたか?

Haruka
Haruka

5~6年前までは産休育休等の明確なルールがなかったので、自分たちでどうしたいのかを決めた上で、
会社に相談し、話し合いました。
一番重要なのは、今携わっている仕事の手を止めないことです。
業務範囲を小さくしないことを意識しました。そこがクリアできればいいと思っていたので、
「じゃあ、どうしましょう?」と考えた時、変則的な勤務時間にすることで対応することになりました。

Tomomi
Tomomi

とりあえず、まずは要望を伝えてみようと思いました。
具体的には、時差出勤の制度がなかったので、要望を出しました。
声を上げたことで、気付いてもらえた感じではないでしょうか。時短勤務は前からありましたけど。

Haruka
Haruka

上司が子供を見ている人だったので、理解はとてもありました。

Akiko
Akiko

私の場合は、Harukaさんたちの前例があったから、ルールに乗っかれたところがあります。
要望を出さずとも、私が望む条件が既に揃っていました。

限られた時間の中で、どのように仕事を工夫していますか?

Hikari
Hikari

産休に入った時は、すでに一人で案件をコントロールしていたので、復帰後、どこを調整すれば迷惑をかけずに進められるかは、ある程度予想できました。なので、自分が使える時間でどれだけ早めに調整できるかに注力していました。
クライアントに対しても、迷惑を掛けない程度に余裕をもったスケジュールを提案するなど、を心がけました。
有難かったのは、復帰して間もないころ、上司が積極的に私のことを気にかけてくれたことですね。
厳しい状況のときは、「お願いします」と頼みやすかったです。

Tomomi
Tomomi

思ったよりも、仕事と育児を両立できないもどかしさはありました。
時間をかけられない分、どうやってやるのか工夫することが必要でしたから。
自分一人で抱え込み過ぎてしまって、大迷惑をかけたこともありました。
働きにくい環境ということではなく、周りよりも自分自身のとの折り合いのつけ方ですね。
「この時間までしか現場にいられないけど、実際はもっとやりたいな。」と葛藤することがありました。
子供が少し大きくなったので、復帰当初よりは調整しやすくなりましたね。

ライフステージが変わると仕事を辞める方もいますが、引き続き働こうと思った理由を教えて下さい。

Akiko
Akiko

これ、本音で話しますと経済的な負担を分担する必要があるからですね(笑)。
仕事を休んだら、すぐに会社に戻りたくなるのかなと思いましたが、
私の場合は「あれ、意外と家にいるのが好きかも?」と、思いました。
ただ、そう思うのは子どもが小さいからというのもあるかもしれませんね。

Hikari
Hikari

私は家にいるのは8ヶ月くらいで十分でしたね。「早く仕事に復帰したいなぁと思いました。」

Haruka
Haruka

私は2ヵ月休めば十分だと思いました。早く仕事がしたくてウズウズしていました。

Tomomi
Tomomi

私は、半年も休めれば十分でしたね。

Haruka
Haruka

もともと仕事が好きなんでしょうね。急に人に会わなくなるとストレスが溜まります。
以前勤めていた会社は、いかにも「仕事をしています」と淡々と一人でこなす感じでしたが、クロス・マーケティングは多くの人と関わり、「仲間と仕事をしている」という環境なので自分に合っていてすごく楽しいです。
だから、早くこの輪の中に戻りたいと思いながら自宅で過ごしていました。

Tomomi
Tomomi

仕事をしていない自分は、考えられないですね。
仕事が好きなんですよ。「なんで、こんなに頑張れるのかな?」と、思った時、単純に好きだからだと思いましたね。
私の中に「辞める」という選択肢はありません。

Hikari
Hikari

仕事が楽しいから辞めたくありませんね。
育児休暇中は外に出たくて仕方がありませんでした。早く会社に戻りたかったです。

Haruka
Haruka

産休に入った時は、周りに気を使いすぎてしまって難しいと感じる部分はありました。
仕事と育児の両立は大変ですが、周りの人たちにもサポートをしてもらい自分も仕事を通じてチームの中で支え合って働けている実感が得られたので、今はだいぶ慣れてきました。

Tomomi
Tomomi

大変さの種類が変わりましたね。独身の頃とママでは、大変さの種類が違います。
ライフスタイルのルールが変わった感じです。手探りながらも進めていきましたね。

Naoki
Naoki

クロス・マーケティングは産休に入ったとしても、周りの社員もとても理解があるので、その後復帰しやすい環境だと思いますよ。
子供がいると転職しにくいですよね。新しい職場となるとハードルが高い。

Tomomi
Tomomi

働いている人が良い方が多いので、またそこに戻りたいなという想いがありました。

Akiko
Akiko

戻ってきてよかったことのほうが多い気がします。
人生というゲームの、新たなルールが追加された感じです。
難易度があがるから、個人的には面白いです(笑)。
それを経験できたのは良かったです。「働くママ」を経験できて良かったと思っています。

Naoki
Naoki

私の場合は男性なので皆さんのように産前・産後の経験はないですが、
子供が生まれてから、早く帰るようになりましたね。
もしくは、家で子どもと近い距離でちょっと仕事をして、その後に遊べるような環境を作っています。
子どもにかける時間ができたのが大きな違いですね。
家で仕事をしている姿や自分の生き方を見て、子どもが育ってくれたらいいなと思っています。
土日に仕事を持ち込まないようにしているので、平日の業務調整がうまくなった気がします。


今後、どんな風に働いていきたいですか?

Akiko
Akiko

働き方は、今ちょうど悩んでいる段階ですね。
今とは違う働き方もあるのではないかと思っているのですが、具体的なイメージは浮かんでいないため、今後どうするかは現在考えているところですね。

Haruka
Haruka

今は子どもと仕事で手がいっぱいなので、まずは「こうやりたい!」というよりも今の目の前の仕事をこなしつつ、効率化を図ってもっと時間を作りたいですね。壮大なビジョンよりも、今は着実に小さな目標をクリアしていくことを考えて働いています。

Tomomi
Tomomi

私の場合、「キャリアは、歩いてきて後ろからついてくる」というイメージがあるせいか、
とにかく目の前の仕事を頑張ることに注力しています。
「今の状態をよりよくする!」という気持ちをもって進めたら、結果は後からついてくるのかなと思っています。

Hikari
Hikari

仕事は責任を持って、且つ、自分自身楽しんで取り組みたいなと思っています。
時間が限られてしまっているので、その限られた時間内で成果を出し、チームや部署の役に立ちたいです。
子どもが私の働く姿を見て、「仕事をしているママって楽しそう」と思ってくれるといいですね。

Naoki
Naoki

私の場合は、「早く新しい会社の事業をつくらなくては」と思っています。
以前にも増してスピード感をもって行動したいですね。
子供ができたから、そう思うのかもしれません。
会社のやっている事業が日本のためになって、
「未来の子供たちが幸せに暮らせるように」という点を意識しながら、事業の方向性を模索しています。

クロス・マーケティンググループの良いところを教えてください。

Akiko
Akiko

周囲の人が、みんな優しいです。話しやすいし、ちゃんと聞いてくれる。
仕事をする環境としては、恵まれているのではないでしょうか。
周囲のサポートや理解がありますから。風通しが良いので、やりやすいです。

Haruka
Haruka

「こうやって働きたい」と、要望を伝えるとしっかり聞いてくれるところですね。
意思表示をすれば受けてとってくれる体制があるので、恵まれていると思います。
ルールの改変に柔軟であるところが、働きやすさに繋がっています。

Tomomi
Tomomi

とにかく、人がいい。そこに尽きますね。自分が周囲や会社に対して貢献したいと思える点でもあります。

Hikari
Hikari

Tomomiさんと同意見です(笑)。

PROFILE

Hikari

株式会社クロス・マーケティング  リサーチプランニング本部
Hikari

大学時代は、日本語日本文学を専攻。
前職のSE時代にBIツールの設計・開発経験からマーケティングに興味をもち、
クロス・マーケティングにリサーチャーとして入社。
現在は、マーケティングプランニング部でリサーチャーとして従事。

Tomomi

株式会社クロス・マーケティング  フィールドワーク部
Tomomi

人材関連のBtoB営業職・調査会社を経て、クロス・マーケティングへ中途入社。
リサーチャーとして、化粧品・日用雑貨など女性をターゲットとした業界を中心に、定量調査・インタビュー調査など幅広い調査のプロジェクトマネジメントを担当。

Haruka

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント  フィールドワーク部
Haruka

高校卒業後イギリスに留学。大学卒業後、外資のコンサルティング会社
に入社。同じ系列会社でマーケティングリサーチを行う会社があり、興味を
持ち移動願いを出し入社。その後クロスマーケティングにてFW部で主に
オフライン定性調査を担当。

Akiko

株式会社クロス・マーケティング  リサーチ企画部
Akiko

大学では理学部化学科 宇宙化学研究室 専攻。
新卒で、製薬会社のMRを3年間。
その後、マーケティングリサーチ業界に転職。
営業を経験した後、営業企画で研修・教育を担当。

Naoki

株式会社クロス・マーケティング  リサーチプランニング本部
Naoki

学生時代、米国にてマーケティングと国際ビジネスを専攻。
帰国後、大手市場調査会社に4年在籍した後、
2009年クロス・マーケティングにリサーチャーとして入社。
2013年にはマネージャーへ昇進し、
現在はグローバルグループのマネージャーとして、数多くのグローバル案件に携わる。