クロス・マーケティンググループにはどんなタイプの人が多いの?ポテンシャル・ニーズ・クラスターで分析!!②

クロス・マーケティンググループにはどんなタイプの人が多いの?ポテンシャル・ニーズ・クラスターで分析!!②

みなさんこんにちは!

2019年内定者ブログ運営チームfantastic6!です。

★今回のブログテーマは前回のブログに引き続き、

クロス・マーケティンググループにはどんなタイプの人が多いの?

ポテンシャル・ニーズ・クラスターで分析!!②です★

↓≪前回のブログはこちらからご覧ください≫↓

「クロス・マーケティンググループにはどんなタイプの人が多いの?ポテンシャル・ニーズ・クラスターで分析!!①」

(リンクhttps://recruit.cross-m.co.jp/blog/869/

 

・前回の振り返り

前回はグループ会社であるリサーチ・アンド・ディベロプメント社が独自開発した、

ポテンシャル・ニーズ・クラスター(PNCL」分析について説明しました!

この分析は、生活者の基本的欲求から生活者を9つ(A~H、X)に分類したもので、

どのクラスターに属するかでその人のひととなりがわかります

それぞれのクラスターとそのポジショニングは下の図のイメージです。

 

今回はPNCLの結果をもとに、クロス・マーケティンググループのマネージャー陣(=管理職)はどんなタイプが多いのか発表します!

 マネージャー陣は何タイプ!?

クロス・マーケティンググループ内で欠かせない存在であるマネージャー陣。

75名の気になる人柄はいったい…?!

タイプ別にランキング形式で紹介します!

≪1位≫

C ムードメーカー:向上・らしさタイプ23名)

刺激を愛し、強い好奇心で自分の前進・向上に役立つことを貪欲に追及します。

人とのかかわり方はマイペースなタイプです。

「新しい」「他にはない」「誰もやっていない」「今までにない」といった言葉を好みます。

 

≪2位≫

X マーケットミラー:自分バランスタイプ17名)

周囲との同調が必然で、空気を読むタイプです。刺激と安定、つながりと個、といった相反する要素を、

自分らしさを核としてバランスよく使い分けます。

 

≪3位≫

A トレンドセッター:前進・つながりタイプ13名)

好奇心向上意欲に満ち、現状維持の発想無し!刺激は人と共有しあいたいチームプレー派です。

リーダーシップをとるので市場をけん引していく力があります。

 

≪4位~9位≫

4位 H ニッチリーダー:らしさタイプ(8名)

5位 E トレンドキャリア:つながりタイプ(7名)

6位 D ムードメーカー:孤高・さまよいタイプ(3名)

7位 F フォロワー:つながり・平穏タイプ(3名)

8位 G フォロワー:安定維持タイプ(1名)

9位 B トレンドセッター:コミュニティバランスタイプ(0名

という結果でした!

必ずしも分析通りというわけではないと思いますが、

マネージャー陣はA・C・Xのタイプが非常に多い(全体の7割)ようです。

 

 マネージャー陣の人柄の傾向を考えてみる

PNCL分析を通し、クロス・マーケティングのマネージャー陣の人柄の傾向を考えてみました。

全体の約7割を占めていたA・C・Xのポジショニングはどちらかというと、

内向よりも外向寄り、協調よりも主張寄りの左上に位置することが分かります。

 

↓ポジションごとの欲求の傾向は以下のイメージです↓

 

左上は革新・変化欲求の高いポジションです。何かに取り組み自分を高めたいという向上の欲求や、

新しいことをいちはやく知りたいという好奇心の欲求、生活に刺激や変化を求めて生きたいという変化の欲求があります。

たしかに…「事業創出」を理念としているクロス・マーケティンググループのマネージャー陣にはそんな傾向がありそうです。

もちろん今回の分析通りとはいかない部分もあることが考えられますが、少しでも参考になればうれしいです。

 

次回はポテンシャル・ニーズ・クラスター(PNCL)を内定者に行い分析します!

クロス・マーケティンググループにはどんなタイプの人が多いの?ポテンシャル・ニーズ・クラスターで分析!!②

クロス・マーケティンググループ  2019年内定者 ライター:Hinako

趣味はリアル脱出ゲームです。この前は地下鉄の謎2018に行ってきました。
最近はお酒が入ったチョコレートとホットのタピオカミルクティーにはまっております!