面接対策したいあなたに、クロス内定者がぶっちゃけます<br>PART 1 <オンライン面接編>

面接対策したいあなたに、クロス内定者がぶっちゃけます
PART 1 <オンライン面接編>

 

1. はじめに
2. WEB面接のメリット、デメリット
3. 具体的な対策
  3−1. 環境を整える編
  3−2. PC、タブレットのセット編
  3−3. 明るさ編
  3−4. メイク編
4.  最後に

 

 

最近の就職活動では、コロナウイルスの影響で、オンライン面接やオンライン説明会が主流になってきています。コロナ禍を原因として広がったオンライン面接を含め、今後もより就職活動のデジタル化が進んでくるでしょう。

そこで、今回はオンライン就活を経験した21卒の就活生目線で、オンライン面接のメリット&デメリットや対策について、3人で一口対談をしながら書いていきます。ぜひポイントを抑えて就職活動に活かしてください!

今回登場するのは、クロス・マーケティンググループ21卒内定者の3人! 共通点は旅行が趣味、Travelersです。

 

まずは私たちの考えるオンライン面接のメリットから紹介していきます!

メリット①:移動しなくて良い
今まで面接では、本社まで足を運ぶ必要がありましたが、その必要がありません。どこからでも参加できる点が一番のメリットです。
関東・関西圏以外の学生はもちろんのこと、都市部に在住の学生でも交通費が抑えられます。地方企業の面接であっても自宅から参加することができます。さらに、会場に訪れるまでの電車やバス等の交通事情を考慮することもないので、面接だけに集中することができます。また、体調が優れない場合でも自宅で参加できる点は精神的にも安心できます。

メリット②:予定を組みやすい
説明会や面接がオンラインで開催されるようになり、一日を有効的に使うことができます。
例えば、午前中にA社の対策し、面接を受け、午後からはB社とC社の説明会に参加するなど。1日の中に予定を詰めることができるようになることで、就職活動自体を効率的に行うことができます。

メリット③:身嗜みを気にしすぎることがない
就活で心配になるのが、スーツ・靴等の身だしなみや礼儀という点です。
就職活動は、大学生ではなく一社会人としての活動です。どうしていいかわからないと戸惑う点も多く存在します。しかし、オンラインにおいては画面に映るのが上半身だけであり、下半身については必要以上に神経質になる必要はないでしょう。例えば、靴などは見られることがありません。ただし、気を抜いていいわけではありません! 身だしなみも礼儀の一部と認識して、基本的なことをしっかり行いましょう。

ーーー実際オンライン面接をやってみて、どういうメリットを感じた?

全てがオンラインで完結するから、各サイトのカレンダー機能を使えば簡単に予定管理ができたのがありがたかったかな。あとは、あまり時間にタイトじゃない人間だから、電車に乗る必要もなくてかなり楽だったな。


電車の事考えなくてよかったのは楽だったね

 


乗り換え案内とか見ていると割と余裕なくなる

 


わかる、電車遅延したら就活生も面接官もお互いに辛いことになるし。

 


緊張で面接前は常に腹痛だったのでそこに関してはとてもオンラインに助けられたなあ。

 


それはやばい。緊張しなさすぎもアレだけど。

 


結構会社訪れる前にお手洗い探すこと多かったから助かったのはある。

 


そうそう。面接前は身だしなみを整える為にもお手洗いに寄るよね。

 


数多くの説明会に参加することによって、良い意味で自分の志望業界に目を向けることができたかな。
一つにこだわってしまうタイプだったので違う目線で就活をすることができた!

 

 
就活に行き詰まった時に様々な業界をみられた事でより今受けている会社の志望動機とかも深まったなあ。

続いてオンライン面接のデメリットです!

デメリット①: 情報のやり取りが難しい
基本的に面接全てに通じることですが、自分が想像している以上に伝わっていません。
顔の表情、相槌、声色、ジェスチャー、熱意等。また、回線速度によってはラグが起きてしまうこともあります。自分が思っている以上に伝わっていないことを理解した上で、臨む必要があります。

デメリット②:環境が結果を左右する可能性がある
Wi-Fiが弱い、カメラの写りが悪い、照明が暗いなど、考えられる要因は様々です。
ここでは代表的なものを挙げましたが、基本的にこれらを改善すれば問題はありません。面接は準備が命になるので改善できる部分は早急に対応しましょう。

デメリット③:気持ちの切り替えがしづらい
普段日常生活をしている自宅から説明会や面接に参加することになりますので、どうしても気持ちの切り替えがうまくいかないということもあります。
自宅ではありますが、全身スーツに着替え、一度部屋を退出し、本来の面接と同様にノックをするところから始めてみても良いのではないでしょうか。

ーーー何かオンライン面接で大変だったことや失敗はあった?

 
初めてオンライン面接をした時、祖母宅でやったんだけど、Wi-Fiの接続が酷くて、2回も切れる羽目になったことがあって。その時は会社から携帯に電話かかってきた。結果的に落ちたけど。

接続うまくいかなくて電話で面接とかもあったみたいね〜。私も、接続がうまくいかない事あって焦った記憶があるなあ。そんな事ないのにお互いの音声きこえない…準備不足だと思われる…終わった落ちた…みたいな笑 面接前の無駄な焦りは心臓がやられました。


それは…面接途中で心折れるよね笑

 

気持ちの切り替えについては、もともとあまり緊張しないタイプなのであまり変わらなかったかも。とはいえオフィスに行った方がいい緊張感が得られたかもしれない。クロス・マーケティンググループの最終面接は対面だったから逆に新鮮だったw 対面の時の方が言いたいことが伝わったかな。自分誤解されやすい人間だと自覚してるから、オンラインではちょっと不安がある。


逆に自分は気持ちの切り替えが一番苦手でした。
家なのに、画面上では面接が進んでいるし変な感覚です。基本的に毎回部屋から出て入るところからスタートしていました。


確かに、ノックから始めると気持ちが一気に引き締まるよね。

 

オンラインは対面と比べて、相手の印象や考えていることがとにかく読みづらい!だから面接官の方が何を求めてこの質問をしているのか、あと終わった後の手応えをなかなか感じづらかった…対して、相手の面接官の方も自分と同じようにオンラインでは伝わらない事が多くて「あれ?間違えた印象に捉えられちゃってるな」と感じる事もあったよ。


オンラインでの一問一答だと特にそうかもね。

 

聞き取りが難しく、わからない時は、躊躇わず聞き返す方がベターですよね。あとは、面接官の顔を見ながら話すことができなかったことが一番しんどかったかな。ただカメラに向かって話していると途中で何をしているかわからなくなることも多々…

途中でなにを話してるかわからなくなるのは数回あったかも。Zoomでゼミとか論文の打ち合わせとか結構していたから、その時は割とガーッと長く喋れるんだけど、面接ではそうじゃないから、途中で我に返ったことがあったね。


慣れるまでがすごく変な感じがするよね…

 

ここまでは、21卒が感じたオンライン面接のメリット、デメリットをお話ししてきました。まとめるとこんな感じ!

 

これからは、メリットやデメリットを踏まえて、実際にどうやって対策すれば良いのか、どんな風に対応すれば良いのか、実践的なポイントをご紹介します!

 

特に実家暮らしの方は注意することが多いかと思いますので参考にしてください!


 

ーーーそれぞれオンライン面接の環境で気をつけていたことはありますか?

友人とルームシェア生活なので、同居人の生活音がちょくちょく入っちゃったという失敗をしたことがあるよ。背景に白い壁がなくて、ずっとバーチャル背景使ってた。バーチャル背景には色々画像を当ててみて、結局はオフィスの会議室の写真を背景にしてた。


バーチャル背景使った事ないけど良さそう!

 


友達とビデオ電話するときもネタ画像入れられるから使えると便利

 


うまく活用すると面接で自分がしたい話の伏線を貼れるかも!

 


他には、実家だと思いもよらないタイミングで電話とか宅急便が来るから、情報共有はしっかりとしてたよ


情報共有ちゃんとしてるのがえらい

 

自分もマンション住みで、生活音が結構響くから弟にいつも出て行ってもらってたな。あとは意外な部分でもトラブル起こしちゃう可能性があるので気をつけないとですね。面接中にアレクサ起動させましたし。

 


アレクサが面接官に応答したビデオTikTokに投稿したらバズると思います。

 


バズるね笑

 

 

面接本番の前にカメラ機能やZOOMでミーティングを立ち上げてセット練習をする事をお勧めします!

 

 

ーーー皆さんの“盛れ”はどう作られていましたか?

そういえば外部モニターがラップトップのディスプレイの上に来るように縦積みして、カメラの少し上に面接官の顔が来るようにズームのウインドウを外部モニター側にセットしてた。そうすると面接官の顔を見れば目線がカメラ付近に合うので!

カメラと目線を合わせる為に本積んだな。私は右側からの方が盛れると思っているのでiPadのカメラを右にして面接してたよ

 


自分も高さが足りずにパソコンの下に本を積んでいました笑 確かに画面に映る顔は普段とは少し違うのでどの角度で写せば盛れるかを知っておくのは重要かもですね。

 


本積むのわかります。盛れは大事。

 


この「盛れ」って高さなの?w 顔とか印象を盛るってことでしょ?

 


どちらもですね笑。なにかと”盛る”ことは重要そう。

 

 

オンライン面接では顔が暗く写ってしまいがちです。印象を明るくさせるために光は重要です!

 


ーーー意外と重要な光どう当てる問題。皆さんはどうしていましたか?

これね、結構大事だったことに割と失敗を重ねてから気づいた。同居人と自分の生活リズムが全く違うので、こっちが面接してる時に、相手は寝てるみたいなことがあって、その時に電気を一番明るくつけたらあとでモメたことがあるw

輪っか電球や卓上電球を駆使して明るくしていました!友達やOB訪問の時にZOOMを通して自分がどう見えているか確認してもらった事もあるよ
暗い、明るいで相手に与える印象は変わるからここは結構重要だと思う。


↑こんな感じ!↑


この配慮のレベルを見習いたい


面接前に自分がどう映るかを確認するのは大切!
自分は光の当て方に苦労したかな。部屋の電気と机の位置関係的にどうしても光が後ろから当たってしまうので、できるだけ体を動かして光を当ててたかな。電球を買う発想はなかった笑


電球買ったり、最後は自分が動いたりするのが一番早いよね

 

オンライン面接でのメイクは、普段のメイクとは少し注意する点が異なります!面接に向けて、自身のメイクを構築しましょう。

正直いってぜっんぜんわからん世界だけど、オンライングループ面接とかでも印象の違いが一発で出るのが怖いよね。男性は髪型と笑顔の方が大事かもしれんけど。あまり第一印象がよくないので、男だけどそれを直すメイクを覚えたいw


めっちゃわかる。対面やと話し方とか体格とかで人柄掴むことできるけどオンラインは顔だけやから…笑

 

本当にオンラインでの印象作りって難しいです。巷で言う就活メイクだとのっぺりと映ってしまったり、普段のお化粧だとケバくなってしまったり。オススメは親世代の人に画面を通してメイクを見てもらうことかなと思います。ここだけの話、年配の方になるにつれて第一印象が重要になるなと感じたので親受けが良いメイクが良い印象を与えるということです。(個人的見解ですが)


リアルすぎてなんて反応していいかわからんw

 


攻める事も大事!

 

相手にどう思われるかを意識するのは面接では大切ですよね!とはいえ男子でもメイクをすればいいと言う発想がなかったですね。何回も同じ人にあって関係性を築くものではないので、その時その場で印象を最大限にするには、メイクも必要なのかもしれないのかな。


熟練しないと仮装パーティーに成り下がりそう

 


メンズのメイクって参考にできる材料が女性よりか少ないから完成形に持って行くまでが難しそう。彼女とか女友達に聞いてみてやった方が良いね〜

 

 

ここまではオンライン面接に集中できる環境作りや印象の作り方を書かせていただきました。面接はとても緊張する分、事前準備が大切です!是非参考にして頂けたら幸いです。

いくつかの注意点を具体的に書いてきましたが、何よりも重要なのは【オンラインとはいえ面接である】という点を意識することです!実際の面接よりリラックスして参加できるオンライン面接ではありますが、自分の将来を左右する一つの場です。失敗できない面接に臨む際には、先ほど紹介した技術的な面だけでなく、心構えも必要となります。

どのような面接であっても、面接官と応募者がお互いを評価しあう場所であることを忘れないことが大事です。オンラインでも、会話のような面接でも、面接官はあなたを見て評価しますし、あなたも面接官を見て会社を判断しています。自宅にいても、そのことを意識するようにしましょう。

———実際のクロスマーケティンググループの面接はどのような感じでしたか?

実際クロス・マーケティンググループの面接では、あまり面接面接してない感じ(?)だったので、オンラインと相性がよかったかも。結局オンラインの方がコミュニケーションが円滑に取れないから、質問に対する回答がうまくいかなかったり、受け答えミスった後のフォローアップができなかったりっていう問題を抱えてる気がする。だから、質問→回答っていうかっちりしたフォーマットの面接よりも、雑談の方がやりやすい。


確かに会話の形式の方が話しやすかった

 


でもただ会話するだけでもダメだから、難しいのは難しいよね…笑

 

例えば僕は結構経歴から変わった人間だと思われがち(院卒、既卒、アフリカ研究とか…)で、研究とか自分の好きなことはやるけど、やるべきことはやらなさそうと思われがち。けど、自分でもちゃんと仕事に取り組むよ、というその辺の姿勢を理解してもらうには質問→短い回答のフォーマットで面接しただけでは説得力が出ないんだよね。会話しながら徐々にわかってもらう以外に方法がない。いずれにしても最終的に評価してもらえたのが嬉しい。オンラインに変わったことでクロス・マーケティンググループの方含め人事の方々がどれだけ大変になったのかとかその辺はわからんけど、面接のやり方がオンライン化の影響で変化してるのかもしれないと思ったことはある。

自分もクロス・マーケティンググループの面接においては、厳しい評価されているというよりか、どんな人なのかという部分を深掘りしてくださったので話はしやすかったです。実際に面接でお会いした方々も親切で就職のこと以外にも様々な話をしました。素質とか、考え方とか、パーソナリティについての話が多かったので、その点は嘘をつくことができないかと。話の節々に自分らしさを織り込めたのが良かったのかもしれないですね。自分がどんな人間なのか知るために、幼少期から振り返るのは大切だなと感じましたね。堅苦しさもなく、クロス・マーケティンググループの社風がそこにも出ていたのかなと感じました!

さっきから印象の話をしてきたけど、ある意味印象だけで判断する会社ではないと就活生ながらに感じました。だからこそ、自分を飾らず本音でお話しする事が重要だと感じています!逆に飾りすぎるとバレます…笑  就職活動は本当に大変ですが、今までの実践編を通して良い印象と自信を持ってオンライン面接に臨んでいただき、ご縁があることをお祈りしています!


本音を話して評価してもらえるのが結局一番嬉しいからねえ

 

ですね!本当に自分が評価されてる感!!あとは、就活を進めていく中で、周りから評価され、自分に自信が持てなくなったり、本当にこのままで良いのかと不安になることも多いと思います。そんなときは、頼れる人に本音を打ち明けることも必要かと思います!!


これほんと大事!ストレス溜め込まないでね!

 

さて、ここまで体験談を交えながらオンライン面接のあれこれについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?


果たして参考になったんだろうかw いや、してください。

 


んー…(含み笑い)

 


参考にできるところは参考にしてみては!笑

 

 

21卒以降、コロナウイルスの影響もあり、オンライン面接はさらに広がっていくことが予想されます。海外の企業に応募する機会も出てきますし、あなたが地方や海外にいても日本の企業を受けることができるようになり、就活の幅がどんどん広がっていくはずです。オンライン面接を生かして、チャンスを逃さずに挑戦を続けて行きましょう!

読んでくださったみなさん、ありがとうございました!
次回はクロス・マーケティンググループの面接について深く話をして行きますので、乞うご期待!!

面接対策したいあなたに、クロス内定者がぶっちゃけます<br>PART 1 <オンライン面接編>

U.R.
G大学 経済学部
猫が好きすぎてインスタの検索欄は猫まみれ
タイのコムローイ祭りに絶対行きたいと思っている

O.Y.
H大院卒+既卒 アフリカ研究+社会人類学
多分就活に向いていない性格をしている。
アマゾンでピラニア釣りをしたい。美味しくないらしいが

Y.K.
R大学 経営学部
麺類と旅が大好物で、小麦粉からうどんを製麺するレベル
大学でかじったスペイン語が、どこまで通じるか南米一周するのが夢